s0met1me◆JIRN.kBNd のやんばる名護パトロール隊(起承転々)2nd

沖縄本島北部はやんばる名護エリアでの由無し事をつらつらと.

はてなダイアリーからのインポートにより以前の記事のタイトル,表,見出し,改行等々の乱れが生じていますが今更いちいち直せないのでご理解ください.
当ブログの記載事項は全て無保証です.また貴方の健康を損ねる恐れが有るので,閲覧は全て自己責任で必要最低限度に留めることをお勧めします.

島野菜#08 ニガナ/ンジャナバー/ホソバワダン(細葉海菜)

キク科ニガナ(苦菜)属は日本に10種ばかり有り,その一種に多年草の「ニガナ」が有るが,沖縄の「ニガナ」(ンジャナ)はアゼトウナ属「ホソバワダン」という別種.
ネット上の写真やイラストは生えてる状態のモノでなく,だいたいが抜いた状態の横からの平面的な(葉が少数の一株で最初の写真に近いよな)感じで,自然のイメージがイマイチ分かり難い.


これも生のままの葉をはっきり見たことが無かったんで,何となくもっと大きな葉だと勘違いしてた.


実際には茎の根元にグルリと葉の柄が付き,真ん中の茎が伸びて花が咲くらしい.と知れば同じキク科だし葉の形状は違うけどタンポポと似てる.
食用にするのは若葉ってことかな.


使い方としては白和え(苦味を和らげる工夫らしく,普通は茹でたのを刻んで使う)が一番ポピュラーだってのは知ってる(つか他に聞いたことが無い位).実際店でも良くお目にかかって,今迄食べた経験ではそんなに苦いかなって印象.
しかし一袋100円で結構な量入ってて,これで白和え作るのは飲食店の感覚なんすけど,と調べたらソーキと一緒に炊いたりもするらしい.


何でも生で試すオレは早速一枚そのまま無造作に齧ってみたら,半端ない苦さに膝から崩れそうになっておみそれしやした.これに比べたらゴーヤーはまだ遠まわしつかジャブ程度.
ここまでストレートな苦さは清々しい位.人によっちゃ「アカーン!」てなるやろけど(藁.





追記: 後年間違って不明の物を買ったら,実はこれもニガナで驚く