s0met1me◆JIRN.kBNd のやんばる名護パトロール隊(起承転々)2nd

沖縄本島北部はやんばる名護エリアでの由無し事をつらつらと.

はてなダイアリーからのインポートにより以前の記事のタイトル,表,見出し,改行等々の乱れが生じていますが今更いちいち直せないのでご理解ください.
当ブログの記載事項は全て無保証です.また貴方の健康を損ねる恐れが有るので,閲覧は全て自己責任で必要最低限度に留めることをお勧めします.


名護飲食店(食堂・そば屋)リスト w Google map (連動ブログ)

飲食店(食堂・そば屋)リスト(もっぱら名護市内)

『食系まとめエントリ』一覧






琉球の年越し料理

近年は沖縄でも「年越しそば」(もちろん沖縄そば)が定着した感があるけど,実はさして歴史のあることではないようだ.だいたい七五三なんかにしても,内地の習慣が取り入れられたもので,ちょいと前迄はやってなかったと云う.


で調べてみると昔は「テビチ汁」や「ソーキ汁」を作るのが普通だったみたいだ.

豚が中国から琉球に渡ったのは、薩摩の琉球侵略より四年前の1605年である。豚は琉球人にとっては、家屋敷の守り神であり、「豚神(ウアヌウカミ)」である。豚小屋と便所が同じで、そこに家屋敷の守り神が存在しているのだ。晦日の年を越す崇高な料理が豚足である。晦日の料理には、昆布と大根と豚足が典型で、豚足を食べることで来る年も脚腰が強くなり、元気で農業や漁業ができますようにという土着思想に裏打ちされた料理であり、昆布と大根を入れることで、栄養のバランスを取った先人の知恵である。最近では、料理番組で放送されて話題になるほど、沖縄の長寿と沖縄の料理が持ち上げられているが、ひと昔前は「豚足を喰う琉球人」とさげすまれた歴史があった。
(中略)
戦前・戦中・戦後も、沖縄から住みついた人には、ふるさとと同じく晦日の夜には豚足を料理した。ところが「豚足を喰う沖縄人」という偏見と差別があったために、子どもや孫に家の近くで見張りをさせて、ヤマトンチューに見られないように料理したという。

http://www.jinken-net.com/old/hiroba/2000/hiroba0007.html


上原多加子は正月は「中味汁」と云ってたな.